追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テイラー氏悪評報道に対する反論

テイラー氏の悪評報道について、テイラー氏の長年の友人の方から反論が寄せられていますので紹介します。この人物は、川田さんと何度か会食をともにしています。川田さんは、常にテイラー氏のチャリティーの仕事を手伝っており、非常に聡明なジャーナリストにみえたとのことです。

まず、この方は、テイラー氏も、完全な人間ではなく、過去さまざまな問題を抱えていたことを認めています。しかし、彼についての報道はただ単に馬鹿げたものであるといいます。

テイラー氏の離婚暦について
テイラー氏は、現在は、前妻達やその子供達を良好な関係を築いており、そこにトラブルはないといっています。ちなみに、テイラー氏の離婚暦については、一般マスコミは触れておらず、
当ブログだけの情報です。
テイラー氏にとって、川田さんがなぜ「ソウルメイト」だったのでしょうか。テイラー氏が、友人氏に語ったところによれば、二人はともに多感な時期に両親が離婚しており、そのことから心に傷を負った、だから、二人はお互いに深い共感を持つようになったのだとのことです。二人が、肉親との関係から逃れるために、異国に渡ったという経歴も同じです。ただ、テイラー氏の三度の離婚暦というのは、どうなのでしょうか・・自分が負ったのと同じ傷を子供達に負わせる可能性があるのに、三回も離婚するなんて、テイラー氏の気がしれませんね。ただ、テイラー氏が、そのふしだらな女性関係で、川田さんを苦しめていたという報道が事実でないのなら、この点は不問に付しましょう。

ジュリアナ東京での出入り禁止・六本木豪遊
若かりし頃のテイラー氏は、多くの女性を引き連れてジュリアナ東京で、豪遊していたが、悪評が立ち、ジュリアナに出入り禁止になったとの報道がありました。しかし、友人氏によれば、テイラー氏は、まずアルコールは一切たしなまず、女性と酒場に繰り出すなどということは絶対になかったそうです。彼がジュリアナに出入りしていたのは、テイラー氏も言っているように、テレビ番組の制作のためです。そして、ジュリアナが閉鎖される最後の最後まで、テイラー氏は、番組制作に携わっていたので、彼が、ジュリアナに出入り禁止になったというのは、デマだったということになります。テイラー氏は、単にTVプロディーサーとしてジュリアナに関わっていただけではなく、ジュリアナジャパン社の一員として、海外著名アーティストを何度もジュリアナに招聘し、ジュリアナブランドの確立とその成功の立役者だったというのです。 ちなみに、ジュリアナの仕掛け人であり、社長であったのは、コムソン折口です。

テイラー氏の慈善事業について
テイラー氏は、二十年前から、ラオイネル・リッチーと慈善プロジェクトに携わっており、特に、過去十年間は、生活の半分をチャリティ事業に捧げてきたといいます。バリにおける、世界平和音楽祭では、テロリスト達によって、テイラー氏は命を狙われ脅迫されていました。このことは、Miles Copelandによる、ドキュメンタリー映画である"American BellyDancer"で描かれています。このイベントについて、金銭トラブルに見舞われたというのは完全なデマで、テイラー氏は、メガワッティ大統領の全面サポートの元で、イベントを成功させたというのです。テロの脅迫に屈しないテイラー氏の勇敢さは、INXSのジョン・スティーブンスをして「なんと勇敢な男なんだ。生きる伝説だ」といわしめたというのです。この点については、youtubeをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=UblyR-7HPyA&feature=related

テイラー氏の世界平和を願う心に偽りはないとしても、タイタニック展示会って、なんなんでしょうね・・・ただ友人氏によると、展示会は大成功で、その収益金の大半は、タイタニック号の調査に使われた。この点について、過去誰からもクレームはなかったのだとのことです。ちなみに、テイラー氏の調査によって、細野晴臣氏の叔父の名誉が回復されました。細野さんはタイタニックに唯一乗船していた日本人だったのですが、人種差別主義者のイギリス人によって、救命ボートの座席を奪ったというデマを流されていました。これが、虚偽であることを明らかにしたのはテイラー氏だそうです。


スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

マット・テイラー | コメント:0 | トラックバック:0 |

川田さんは性的関係を強要されていた 裁判は絶対にやる!テイラー氏の執念は実を結ぶか

週刊ポストの記事をはじめとして、このところ、谷口サイドによる、各種マスコミ媒体を使ってのテイラー包囲網が着々と進行しつつあるように思います。ブブカや実話ナックルズは、川田さんの自殺原因がテイラー氏にあるという記事を掲載していますが、ブブカを発行するコアマガジンの野口孝太郎や実話ナックルズを発行するミリオン出版の日笠は、谷口に買収されたともっぱらの噂です。ナックルズは、川田さん以外にも二人の女性が、谷口の毒牙にかかり自殺していたという記事まで書いていたのに、えらい変わり様ですね。また、当初は谷口の黒い噂を掲載していた東スポも、最近は、テイラー氏をターゲットにした記事をしつこく掲載しています。東スポも寝返ったのでしょうか・・・・さて、数日前の東スポには、テイラー氏の反核団体GATEに協力した音楽プロデューサーの小林武史氏に、「某団体」から激しい抗議がいったという話が掲載されていました。テイラー氏は、日本の芸能界には相当の人脈を持っているようですが、ケイダッシュサイドから、「テイラーと関わると大変なことになるぞ」という脅しがかけられているであろうことは、想像に難くありません。

それにしても、事件から三ヶ月にもなるのに、最近になって、反テイラー氏の記事が急増したのはなぜでしょうか。思うに谷口は相当焦っていると思います。表舞台の仕事からは、はずされてしまった上に、テイラー氏がいよいよ本気で裁判をやるつもりだということを谷口は確信したからでしょう。法廷で、自分が川田さんにしてきたことを洗いざらいぶちまけられたらどうなるのか・・・・裁判前にマスコミをコントロールし、よしんば不利な証拠が出てきても、できるだけ報道を沈静化させたい。そのための布石をうっているのでしょう。

テイラー氏周辺からの情報提供によれば、テイラー氏は、少なくとも以下の三点

1 谷口からテイラー氏ならびに川田さんにかかってきた脅迫電話の通話録音記録
2 谷口が、放送局や出版社に出した、「テイラーの言い分を絶対に取り上げるな」という内容のFAX
3 川田さんがテイラー氏にのみ残した遺書

について、物的証拠を保有しています。1に関しては、聞いていて気分が悪くなるもので、谷口の人格的異常性を示すもののようです。驚くべきことに、谷口は、川田さんに対して、「他の男と関係をもてば、オレは、お前とその男を殺す」と脅迫していたというのです。そして、谷口は、事務所社長という自らの地位を利用して、川田さんに性的関係を強要していたというのです !! テイラー氏サイドは、今回の事件は一種の殺人ともいえるケースであり、優先的地位を利用した性的関係の強要や、結果としての自殺は、民事上のケースではなく、アメリカなら刑事事件として取り扱われるであろうといいます。ポスト誌の質問に対するテイラー氏の返答

1.言葉による暴力、計画された精神的圧力、それらに伴う脅迫によって死が招かれ、それが謀殺と呼ばれるものであれば、亜子さんの死は単なる自殺ではない。今ロサンジェルスで類似のケースがあり、裁判の結果を注視しています。

は、このことを示唆したものです。

法廷で、谷口の悪行が暴かれる日が近づいています。さらなる犠牲者を出さないためにも、みなさん、この事件を過去のものにしてはならないのです。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:3 | トラックバック:0 |

[週刊ポスト]お母様初告白記事 テイラー氏コメントにみるポストの「意図」

今週の週刊ポストの「自殺川田亜子さんの母が初告白「あの米国人恋人への許せぬ思い」」という記事で、一番問題とされているのは、いうまでもなく、なぜお母様が、テイラー氏に「許せぬ思い」を抱いているかということです。記事には、川田さんが何度も自殺未遂を繰り返していたことをテイラー氏は知っていながら、ご家族に何の連絡も取らなかったから、お母様は憤慨なさっているのだとされています。この点について、ポストの記者は、テイラー氏に取材したのでしょうか。記事には、「本誌の直撃」取材とありますが、なんとテイラー氏への取材は、携帯のメールによるものでした。テイラー氏の周辺人物から情報提供がありましたので、掲載します。以下がポストからのメールとテイラー氏の回答です。

 

マット・テイラー様

先程はお電話で失礼いたしました。
以下、質問項目を記させていただきます。
お忙しい中、大変恐縮ですが、よろしくお願いします。


質問1

川田さんが亡くなってから、約2か月が経ちました。
ネット上では死の真相をめぐり、自殺説、謀殺説等が飛び交っていますが、
親しくお付き合いされていたマット様の今の見解をお聞かせ下さい。

質問2

川田さんは死を迎えるにあたり、マット様に手紙を残したと聞いております。
差し支えのない範囲で構いませんので、どのようなことが記されていたのか、
お聞かせ下さい。

質問3

私どもは川田さんのお母様にお話をうかがいました。すると、お母様が
テイラー様の映画のエンドロールに娘の名前が載ることに抵抗感を感じる、
との旨の発言をされました。

先程、テイラー様は死者への敬意として、エンドロールに名前を乗せる風習に
ついて言及されていましたが、彼女が映画に積極的に関わったのであれば、
掲載することは自然かと思います。

そこで、彼女は映画にどのように関わったのか、また、お母様の「載せないで欲し
い」
という願いを聞いて、どう思われたかをお聞かせください。

以上


+++++++++++++++++++++

浜田盛太郎(はまだ・せいたろう)
〒150-8001
東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館 週刊ポスト編集部
電話 03-3230-5954
FAX 03-3230-5984
携帯 090-××××-××××

浜田 盛太郎 様

1.言葉による暴力、計画された精神的圧力、それらに伴う脅迫によって死が招かれ、それが謀殺と呼ばれるものであれば、亜子さんの死は単なる自殺ではない。今ロサンジェルスで類似のケースがあり、裁判の結果を注視しています。

2.ノーコメント

3.亜子さんは熱意をもってボランティアとして映画の完成に積極的に協力いただきました。特に完成の半年前から、いろいろなアドバイスや、イベントの司会をして戴き、完成まじかにはサウンドトラックの編集にも係わって戴きました。

亜子さんの名前をほかの大勢のボランティアと一緒にエンドロールに載せることが二人の間の約束でした。またアメリカの映画界の習慣として、作品にかかわった人や、監督が思う大切な人が亡くなった時は、その人たちに作品を捧げるのが当然です。

お母様の気持ちについては、完成した映画をご覧になれば、亜子さんのこの作品に対する強い思いを共有され、ご理解いただけると信じています。

マットテイラー

 

 

以上のやり取りから、分かるように、ポストの記者は、すでに川田さんのお母様から話を伺ったといいながら、お母様が、テイラー氏から娘の自殺未遂について連絡がなかったことを憤慨なさっているという点については、上記のメールによる質問では、まったく触れていません。テイラー氏の友人の話によれば、テイラー氏は、川田さんが何度も自殺未遂を繰り返していることを川田さんのお父様とご長男に連絡して、善処してくれるよう頼んでいます。ポストの記者が、あえてテイラー氏に質問しなかったのは、テイラー氏の反論を載せると、あらかじめ用意していた「テイラーへの許せぬ思い」というストーリーが崩れてしまうことを恐れたからではないでしょうか。それともテイラー氏へのメール取材を受けてあらためて、お母様に取材したときに、家族に連絡うんぬんという話が出てきたんでしょうかね。それにしても、テイラー氏へは、携帯のメールの取材なわけですから、再度確認ぐらいできると思いますが。ポストのケイダッシュへの腰抜けぶりを見ると、現段階では、ポストが谷口の意向を受けて、テイラー氏を嵌めようとしたとしか思えません。こういう言い方は、素人の言いがかりでしょうか?では、どうでしょうポストさん。もう一度テイラー氏に再取材されてみてはいかがですか。ww





マスコミ | コメント:3 | トラックバック:0 |

週刊ポストに、お母様の「初告白」

事件から二ヶ月経ち、唐突に週刊ポストに川田さんのお母様の「初告白」が掲載されました。今週の週刊ポストに、「自殺川田亜子さんの母が初告白「あの米国人恋人への許せぬ思い」」という記事が掲載されています。この記事で、お母様は、谷口については、

「Aさんには、お葬式の時、本当によくしてくれました。いろいろ悪くいう人もいるようですが、私は感謝しています。」

といわれているのです。ネット上で、鬼畜だ人非人だと罵倒されている谷口に、むしろ「感謝しています」というのです。対して、テイラー氏については、

「彼は亜子が自殺した当日に会っています。その前にも亜子が自殺未遂をしたことがあったと話してもいるんです。そこまで事情を知っているなら、なぜその時、私達に知らせてくれなかったのか。それが悔しくて仕方ないんです。」

といわれています。

テイラー氏の言動や行動に対する疑問は、我々も共有するものです。川田さんがテイラー氏の目の前で何度も「死にたい」と口にし、自殺を試みていたというならば、テイラー氏は、川田さんのご家族や事務所ともっと早い段階でコンタクトをとり、専門医をつけるなどしかるべき対応をするべきではなかったのか?お母様がテイラー氏を許せないのも当然です。ただでさえ、あやしい風評の絶えない最後の恋人、娘の精神状態を知っていながらなにもせず、亡くなってからは、川田さんの死を映画の宣伝に利用しようとしている・・・・だとするならば、ご遺族がテイラー氏の顔も見たくないと思われるのも当然です。

しかし、テイラー氏サイドは、事実は異なるといっています。実は最近、テイラー氏の20年来の友人であるという外国人からメールがありました。この人物は、テイラー氏の三度の離婚暦や、テイラー氏の慈善事業?について、テイラー氏を擁護しています。これらの点については、私は興味がありません。一般メディアの報道は、谷口が匿名のまま、テイラー氏のマイナス情報ばかりでてくるのでバランスを欠いている状態だとは思います。その点で修正が必要だとは思いますが、これらの点は、基本的には周辺的な問題です。しかし、テイラー氏が、何度も自殺を図っていた川田さんに適切な措置をとったのかいなかは、川田さんの死を考える上で重要な問題です。

さて、この外国人によると、テイラー氏は、お父様とご長男に、亜子さんが何度も自殺を図っていることを連絡し、助力を求めたというのです。テイラー氏は、それこそ24時間川田さんのことをサポートしていた、周囲の友人は、テイラー氏に、いいかげん川田さんと別れるよういったが、テイラー氏はそれを拒否し、川田さんの面倒を見続けていたというのです。テイラー氏は、他のご家族に接触して助けてくれるよう頼んでいたというのです。

ではなぜ、お母様には話がなかったか。川田さんは大変お母さん思いの方でしたが、亡くなられる前は一時的に関係が悪化していました。それが頂点に達したのが、母の日に私は悪魔になったという一件です。ただでさえ二人の関係は悪化していたのに、自殺未遂のことをふってしまうとどうなるか分からないとテイラー氏は躊躇したのかもしれません。あるいは川田さんが、母親には絶対にいわないでと口止めしていたのかもしれません。これらは私の推測にすぎません。いずれにせよお母様のところには話がいっていなかった。そのことにお母様は不信感を抱かれている。そこから行き違いが生じている。しかし、テイラー氏が精神科医であるお父様に相談を持ちかけていたとするならば、テイラー氏が何もしなかったというのは明らかにお母様の誤解でしょう。

事実は、どうだったのか。テイラー氏が、お父様やご長男に、連絡していたかどうかは、問い合わせればすぐ分かることです。わざわざテイラー氏がウソをつくとは考えにくいです。ただ、テイラー氏はこの件に関して、一般メディアで発言していません。自分の周囲の人間にのみ、「僕は亜子の父親に連絡したのに」とアリバイを吹聴している可能性があります。それに、お母様が、前夫やご長男と何のやり取りもないというのもまた考えにくい話です。いったいどうなっているのでしょうか。娘の知人から、「娘さんが自殺を試みた」と連絡があれば、ご両親は押っ取り刀で駆けつけるはずです。しかし、フライデー6月20日号で、お父様は、「みんな心配はしていたけど、まさか自殺までは想像できなかったのではないでしょうか。・・・・・・・」といわれています。仮にテイラー氏からお父様に連絡があったとしても、それがどの程度のニュアンスだったのか。「自殺を口にしている」といった程度なのか「自殺を試みた」ときちんと話したのか。なにしろ川田さんは二月頃から自殺を口にしはじめ、テイラー氏の前で、マンションから飛び降りようともしたというのですから、五月の自殺まで、時間は十分にありました。

ポストの記事には、映画のプロモーションのために亜子さんの名前を利用しているのではないかという疑問について、テイラー氏に取材していますが、自殺に関するお母様の疑問(なぜテイラー氏はご家族に連絡しなかったのか)に対するテイラー氏の反論はいっさい掲載されていません。記者はこの点について、テイラー氏に質問しなかったんでしょうか。ポストといえば、他誌が事件を大きく扱うなかで、事件に関する記事は、いっさい掲載せず、唯一追悼グラビアと称した写真を掲載するだけでした。ケイダッシュ所属のモデルを要するドル箱ファッション誌cancamに対する配慮を露骨に感じさせる対応で、業界関係者の嘲笑をかった雑誌です。ポストは、谷口の意向を汲んで、テイラー氏を嵌めようとしているのでしょうか。

ポストは、テイラー氏には、「直撃取材」を試みていますが、谷口からはなんのコメントもとっていません。実は、テイラー氏は、谷口本人に、川田さんがなんども自殺を口にしていることを伝えていっています。テイラー氏はすでに、週刊現代の取材でこのことを答えています。ただし、週刊現代サイドは、相手が谷口であることをぼかして書いています。谷口は、テイラー氏から話を聞いた際には、「ああ、亜子はいつも死にたい死にたいっていってるけど、そういう人に限って絶対に死なないの!」と笑いながら言い放ったというのです。だとするならば、なぜ、川田さんのお母様はよりによって、こんな男のことを「感謝しています」とおっしゃるのか。件のテイラー氏の友人は、谷口は、自らの保身のために、情報を操作・ねつ造し、川田さんのお母様の信任を取り付け、完全に篭絡することに成功したからだといっています。そして、テイラー氏は、谷口が川田さんやテイラー氏を中傷し脅迫していたことを証明する物的証拠を有しており、名誉毀損裁判は絶対にやると断言なさっています。これらの点については、別記事で扱いたいと思います。


マット・テイラー | コメント:3 | トラックバック:0 |

ご遺族VSテイラーは、谷口サイドの情報操作の可能性あり

テイラーが自らの映画の宣伝に川田さんの名前を使ったことにご遺族が激怒し、テイラーを提訴するという記事が東スポに載りましたが、まったく同じ内容の記事がBUBUKAの九月号にも載っています。同じ人間が書いているのかと思ったぐらい文体も似てますし、内容も同じ。情報源が同じなのでしょうか。問題はその情報源が谷口ではないかということです。アンチテイラーの記事の背後には、谷口ありということなんですが。

BUBUKAといえば、週刊現代同様、ストーカーの言い分そのままに中傷写真を掲載し、川田さんの精神失調の原因を作った鬼畜系クソ雑誌ですが、プチバッチによると、BUBUKAの出版元であるコアマガジンのNが谷口の犬となって、情報工作を行なっているようです。

あまり細かいことは言いたくなのですが、高田馬場にある老舗エロ系出版社の子会社の鬼畜系出版社にご勤務のNさんにメッセージです。某巨大芸能事務所のTさんに【プチバッチ!】を転送しているそうですが、タダ読みではなく、Tさんも【プチバッチ!】をご購読していただけるとすごくうれしいです。
 オタクの雑誌の看板雑誌、川田亜子の件ですごくおかしなこと書いてたから、それだけで某巨大芸能事務所の関係は露骨にわかっちゃうけど。ま、俺は平和主義者ですけどね。はーと。

 

川田「自殺」の件もいろいろ情報が集まっているのですが(馬場の鬼畜系出版社のNさんが鬼畜のことを「ボス」と呼んでいるとか)・・・

 

BUBUKAの八月号には、「大手芸能プロX氏の悪評はねつ造された」なんて記事がありましたから、あれれ?と思っていたのですが、こういう裏があったんですね。同号には、「記者の結婚式で露呈したスポーツ紙と芸能プロの癒着」なんて記事もあるんですが、てめえのことを棚にあげてよくもまあ・・・。ただ、この記事自体は興味ぶかいものです。山田優の熱愛をスクープしたスポニチの記者が、結婚披露宴を開いたですが、来賓が、バーニングの周防社長をはじめとして、有力業界関係者や芸能人ばかり。要するにスポーツ紙の記者が完全に御用記者化しているというのです。しかも、披露宴に参加した若手記者連中は、「オレも芸能人に多数来てもらって、結婚式をしたいな」などと臆面もなく話していたというのです。「今のスポーツ紙の堕落体質を物語るようなおぞましい話だ」と記事は結んでいますが、ウンコ雑誌のNさんは心中うらやましく思ってるんじゃないですか。

BUBUKAは、かつての恋人は凶悪ストーカーになり彼女を自殺へと追いやった」と、ストーカー男と川田さんの間に交際関係があったかのような記事を書いていますが、これは、ストーカー男の中傷行為の片棒を担いだことを隠蔽するためなんでしょう。ストーカーの片棒を担いだり、谷口の犬になったり忙しい話です。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

マスコミ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。