追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

裁判の日程と今後の展開:テイラー氏はさらなる提訴を視野に

コメント欄でやすさんから教えていただきました。裁判の日程がきまりました。

原告:Global Nuclear Disarmament Fund
(核兵器解体基金。マット・テイラー氏が代表を務める団体)
被告:谷口元一
期日:平成20年11月13日木曜日
開始時刻:13時15分
場所:東京地方裁判所 712法廷
事件番号: 平成20年(わ)25750

東京地方裁判所
TEL:03-3581-5411
〒100-0013東京都千代田区霞が関1丁目1-4
テイラー氏サイドによれば、初回からテイラー氏が出廷するようです。また、この裁判で事実関係を客観的に確定した後に、さらなる提訴を予定しているとのことです。テイラー氏にとってはこちらが本丸であるとか。テイラー氏は、川田さんの死は一種の「殺人」であると考えています。テイラー氏は、週刊ポストのメール取材に答えて以下のように返答しています。

言葉による暴力、計画された精神的圧力、それらに伴う脅迫によって死が招かれ、それが謀殺と呼ばれるものであれば、亜子さんの死は単なる自殺ではない。今ロサンジェルスで類似のケースがあり、裁判の結果を注視しています。

日本の法制度の下で、谷口の「殺人」を認定させるのは難しいでしょうが、「勝ち負けの問題ではない」とテイラー氏サイドはいっています。検索をかけても画像一つ出てこない、谷口というサイコパスの正体が、白日の下に晒される日が近づいています。

スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

裁判 | コメント:1 | トラックバック:0 |

テイラー氏への長文インタビュー

アサヒ芸能の編集部から、テイラー氏がインタビューをうけています。提訴をきっかけにアサヒ芸能FLASHの取材を受けたとテイラー氏サイドから連絡を受けていました。FLASHでの扱いは、極めて小さなものでしたが、テイラー氏は、川田さんが、過去五回も自殺を試みていたという衝撃の事実を告白しています。アサヒ芸能のほうは、雑誌掲載がないなと思っていたら、単行本での掲載でした。川田亜子さん 自殺? まとめ 日記さんのほうで内容を参照できます。以下は重要部分の抜粋です。

しかし、悲劇的にも、彼女が人生でしたかったこと、そして愛したことのすべてが、ある人物によるパウハラによって彼女の意思とは別に使われてしまったのです。その人物は、彼女を支配下に置き、力ずくで個人的な関係を強いようとしたのです。彼女は自分自身とそして私の身の危険を恐れていました。

ここでいうある人物とは、当然谷口元一のことです。谷口は、過去も榎本加奈子をはじめとしたタレント・女優に「力ずくで個人的な関係」を強要していました。谷口の毒牙にかかったタレントの多くは、異常な激やせや精神失調・奇行が報道されてきました。仕事を干され、ある日突然表舞台から姿を消したタレントもいます。この異常者は、過去も同様の手口で、何人もの女優・タレントを毒牙にかけているのです。そしてついに川田さんのような犠牲者が生じるまでにいたってしまった。(もっとも谷口に追い詰められ亡くなった方はほかにもいるという報道があります)過去の過ちを顧みず、何度も何度も同じような手口で、所属タレントの人生をむちゃくちゃにしてきた谷口は、真性の変質者なのでしょう。自分を見限った女性への異常な復讐心と加虐趣味、このようなサイコパスが芸能事務所幹部として、まっとうな社会人であるかのように表向きは振舞ってきたわけです。

川田さんは、テイラー氏の身の危険を心配していたようですが、芸能事務所と裏社会の結び付きを谷口は吹聴し、川田さんを恫喝していたのかもしれません。真偽はともあれ、暴力団の名前を出して素人を恫喝するというのは、芸能事務所の人間がよくやる手口です。事実、ケイダッシュの設立者である川村達夫は、過去、生徒諸君という映画をめぐり金銭トラブルが生じたとき、「駅のホームじゃ気をつけろ。知り合いの暴力団 は、何をやるかわからないからな」と制作会社幹部を脅迫していたことを毎日新聞は報道しています。また、川村自身はもともと暴力団の下部構成員(ようするにチンピラ)だったうさんくさい男です。(元ブルーコメッツで川村の友人である鹿内孝氏の証言


彼女がブログでそのコメントを書き込んだとき、彼女はある人物から継続的なハラスメント、脅威、および圧力を受け、既に憂うつと戦い続けていたんです。彼女は、非常に危険な自暴自棄な状態で、短期記憶喪失の症状に悩んでいたのです。 彼女がその言葉を母親に言ったことに気づいたとき、彼女は、深い悲しみに押しつぶされそうで、泣くのを止めるのができませんでした。彼女は「もう二度と母親に会うことができない」と言っていました。

 
これが「
悪魔になった」発言の真相だったのです。

彼女の母親は、亜子に関して非常に心配しており、(やがて)東京に来ました。私たち三人は、どうしたら彼女の憂うつを助けることができるか、そして、彼女を慰めるために何ができるのかを議論して一緒に一晩を過ごしました。

なんとテイラー氏は、川田さんのお母様と面識があったのです。にもかかわらず、川田さんのお母様は、「テイラー氏が亜子さんの精神状態が深刻な状況であることを連絡しなかった」とテイラー氏への憤りの念をポストでのインタビューで答えています。これはいったいどうしたことでしょうか。本当にテイラー氏は、川田さんの自殺未遂について、お母様にはなにも伝えなかったでしょうか。すでに記事にしたように、テイラー氏サイドによれば、川田さんが自殺未遂を繰り返してきたことは、テイラー氏から、お父様やお兄様に連絡がいっていたとのことです。川田さんのお母様へはどうだったのか。私は、川田さんとお母様の関係が微妙なことから、お母様へはあえて知らせなかったのかと思っていたのですが、テイラー氏は、自殺未遂のことも含めて、お母様といろいろ話をしていたようです。 

私たちは亜子の困難な状況に細かいところまで話し合いました。そして、彼女を助けるために一緒に取り組もうとしたのです。私は、これらのコメントが本当に彼女の母親が言ったことであるかが信じられません。


ポストは、テイラー氏に「直撃インタビュー」なるものを行っていますが、その真相は単なるメール取材です。しかもメールの記者名は偽名であることがサイバッチの取材で明らかになっています。この取材で、ポストサイドは、お母様へのインタビューのことは伏せた上で、意図的にテイラー氏を嵌めようとしています。Cancamなどを通じて小学館との繋がりが深いケイダッシュ、このケイダッシュの意向を受けて、ポスト編集部が「犬」としてテイラー氏を中傷しようとした疑いが濃厚です。(部落解放同盟への提灯記事を何度も掲載するなど、ポストは、圧力にはきわめて弱いヘタレ雑誌です。部落利権やJR労組の過激派支配などタブーをそれなりに取り上げてきた週刊現代とは好対照です。ただ、その現代も、川田さんの自殺事件についてはヘタレなのですが・・・)ただ、テイラー氏とお母様の間には、本当に行き違いがあるのかもしれません。

亜子のそばの人はみんな、彼女が自殺未遂を繰り返したことを知っていました。そして彼女が真剣に死のうとしていたことも知っていたんです。しかし、亜子が死ぬ四日前、亜子へのハラスメントに関してある人物に対し質していると、彼はただ笑うだけでした。そして、「彼女は、(自殺は)絶対しないよ。彼女はただ言っているだけで、自殺なんてするはずがない」と言ったんです。不注意にも、私はかれに亜子を悩ませるのを止めると約束させました。彼女に対して脅して、また、彼女に私との関係を終わらせようとするのを止めるように彼に言いました。彼は、止めると約束しました。しかし、彼の電話と脅威は続いたのです。

川田さんの自殺後、所属事務所は、一切会見も開こうとはせず、事務所HPには、自殺原因については「皆目見当がつきません」などと白々しいメッセージが掲載されていました。全部うそだったのです。

自殺した日の昼には川田さんはテイラー氏とランチをともにしており、「人生で一番幸せ」だという言葉を残しています。にもかかわらず、事態は急変し、その日の夜には川田さんは自殺を図ったのです。その間になにがあったのか。東スポには、警察関係者の証言として、自殺直前に、川田さんが、ある人物と携帯で会話していたことが報道されていました。その相手が谷口だとしたら・・・谷口が、川田さんに「死にたいなら死ねよ」「お前は絶対に俺からは逃れられない」といった類の聞くに堪えない嫌がらせを行ったとしていたならば・・・?「テイラーと付き合ったら、俺はお前とテイラーを殺す」と川田さんを脅迫し続けていた谷口のことです、自殺の最後の引き金を引いたが谷口であったとしても不思議ではありません。

彼女からの遺書は本当にあるのでしょうか? はい、持っています。

家族宛の遺書には、「幸せな人生だった」といった内容しか書かれていなかったようですが、テイラー氏に対してだけは事件の真相をしたためていたようなのです。遺書の内容も裁判で明らかになることでしょう。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

川田亜子 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。