追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ジャーナリスト本多圭氏】"芸能界のドン"に完敗しても私が彼らの追及をやめない理由

ジャーナリストの本多圭氏と雑誌紙の爆弾が、バーニングプロダクションと、同社の周防郁雄社長から訴えられていた裁判で、本多氏側が敗訴したそうです。裁判の詳細については、よく分かりませんが、バーニング周防社長のアメとムチのマスコミ篭絡術を記事にしたところ訴えられたようですね。

その本田氏が、今回の裁判に関連して、ケーダッシュ川村龍夫会長と谷口元一についてこんなことを書いています。

川村が率いるケイダッシュでは、昨年、所属していたフリーアナの川田亜子さんが自殺。しかも、川村の腹心と言われた谷口元一という役員が川田さんと関係があったといわれているにもかかわらず、会社の最高責任者であるはずの川村自身は説明をしないし、社会的責任も明らかにしない。チャンチャラおかしいではないか。なぜ、マスメディアはそれを追及しないのか。

周防が"ドン"として君臨、川村が"ドン"を気取る以上、筆者はこれからも2人の行動をマークし、批判すべきところは徹底的に批判していくつもりだ。

バーニングもケイダッシュも地上波やスポーツ新聞といった既存マスコミに対しては絶大なる影響力を誇っており、一般のテレビを見ていても谷口のたの字も出てきません。圧力以前に自主規制でしょうね。対してネット上では、谷口の名前はヤフーの検索ランキングで一位になり、川田さん自殺のニュースは、昨年最も読まれたヤフーニュースとなりました。二位が秋葉原通り魔事件、三位が星野ジャパンです。二位・三位のニュースは、マスコミワイドショーなどで大騒ぎとなり、生前川田さんと親交のあった鳥越俊太郎氏なども、「小泉構造改革のせいで、秋葉原事件が起きた」などとしたり顔で解説していました。対して、川田さんの事件については、亡くなった週以降はワイドショーからいっさいの報道が消えました。ワイドショー的には、テイラー氏の登場など、「おいしい展開」があったにも関わらずです。今回の事件で、もし川田さんが弱小芸能事務所に所属していたならば、ワイドショーは二ヶ月三ヶ月このネタでひっぱっていたことでしょう。まったくわかりやすい沈黙です。

鳥越氏も、ネットの報道被害・匿名の無責任な言論の危険性を強調し、なかば谷口を擁護していました。でもね、谷口に罵詈雑言浴びせていたのは、東スポや実話系週刊誌やコンビニ誌なのですが、こういうのは批判の対象外なんですかね?まあ、電波利権のインサイダーである鳥越氏にとっては、下手に真相究明に動いて、ケイダッシュのような大手事務所と事を構えてしまうと商売あがったりなんでしょう。さすがはジャニーズ事務所とも昵懇の間柄の「ジャーナリスト」様です。



スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

マスコミ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。