追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マット・テイラーの怪しさ

今回の谷口の脅迫ストーカー報道は、文春とネットメディア以外はまったく報道がないという異常な状況になっています。川田さんの事件の時にも見られた、大手マスコミの自主規制です。相手が影響力の強い大手プロダクションのやり手となると、とたんにチキンになる、あるいは恫喝に屈する、醜い「マスゴミ」の姿がそこにあります。

なぜかマスコミが報道しないミス・インターナショナルの脅迫被害


ただ、今回のケースも川田さんのケースも、マット・テイラーという「怪しい外人」の存在が、「できれば報道したくない」マスコミにとって、体の良い言い訳になっているのではという疑念が拭えません。

芸能界の闇か!? ミス・インターナショナル吉松さんのストーカー告発にマスコミが沈黙する背景


この記事は、マスコミが沈黙するのは、ケイダッシュやバーニングが怖いからというより、マット・テイラーが怪しすぎて、肩を持つわけにもいかないからだといいます。


この一件をマスコミがまともに取り扱わないのは、谷口氏の背景というよりも吉松氏の背後に控えるマット・テイラー氏の怪しさにある。

アメリカの民間人がなぜ、ロシア政府から核兵器の解体を請け負えるのか。そんな人間がなぜ1千万円程度のカネに困窮しているのか。テイラー氏は判決を不服として控訴を示唆しながら、なぜその後動かないのか。さらにテイラー氏には過去、タイタニック財団日本代表を自称して集めた寄付金の使途不明疑惑もあった。そもそも平和活動家だったはずなのに、なぜ 吉松氏の海外エージェントをしているのか。そんなテイラー氏に浮かぶ数々の疑問を考慮すると、この騒動を芸能界の闇だとかケイダッシュやバーニングといっ た大手芸能プロダクションの圧力だとかの陰謀論につなげるのは少々無理がないだろうか。

この裁判の過程でテイラー氏の素性や両者のやり取りが明らかになると、マスコミの多くは一斉に川田さんの死の真相への興味を失っている。結局は、怪しいとされる外国人とコワモテとされる業界人が金で揉めているだけのことだったのだ。当然、谷口氏も叩けばホコリも出るかもしれない が、それは一方のテイラー氏も同じ。この「どっちもどっち」な一件は、1千万円というチンケな金額を巡る個人同士の争いでしかなく、そしてすでに裁判で決 着済みのトラブルが原因という扱いに困る題材なのだ。



ただ、「テイラーの素性が明らかになると、川田さんの事件の報道が引いていった」というのは、当初の報道の流れを追っていた私からすると、違うと感じます。谷口は最初からテレビ局や雑誌社に圧力をかけてテイラーの言い分は報道しないようにと根回しをしていました。TV局の事件の扱い方の軽さ、もって回った感じはみなさん覚えていらっしゃるはず。雑誌社も小学館(谷口の事務所のモデルが、CaCamの看板)のテイラー叩きは異様でした。ただ、テイラーの怪しさが、メディアに「様子見」「日和見」の口実を与えた可能性は大です。谷口はテイラーの怪しさにずいぶんと助けられていると思いますね。!

ただ、テイラーの怪しさは、多くのマスコミにとってはむしろ格好の標的になる材料でもあるはず。テイラーも谷口もどちらも怪しいならば、どちらも報道すればいいのであって(胡散臭い人間同士の泥仕合はマスコミは大好きなはず)、どちらも怪しいから報道しないなどということもありません。




スポンサーサイト

マット・テイラー | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<実名で報道された谷口元一 | HOME | 虚しさばかり募ります>>

この記事のコメント

最近だと原発がらみにもよってきてるようですね。
谷口が黒だとしても、こっちも胡散臭すぎて
過去の記事あさっていくと朝になりそうですね・・・

川田さんとは当日もデートしてたとか
どう考えてもかなり詳細しってるはずですが
谷口のほうをマスコミが追及しにくい理由は
なんとなくわかりますが、もしかするとテイラーのほうも
触りにくい(にくくなった?)理由でもあるんですかね
単純に川田さんの事件を蒸し返したくないのでしょうか?

金の話はとりあえずおいとくとして、
とりあえずミスユニバースの女性とテイラーのつながりをもうちょっとはっきりさせてほしいですね。
前後関係がはっきりわかりませんが、先に揉めてから対抗関係?にあるテイラーをやとったのか、やとってから揉め事にまきこまれたのか。そのときは誰かから紹介されたのか等。

ネットだと事務所の評判やら宗教の評判やらで、
テイラーとか置いといていいんだよ!的な人も
多々いるようですが、さすがにはずして語れないですよね。

単純に川田さんの事件と切って考えれば、
トラブルの原因は金ということなので、
この女性がテイラーとの契約をきれば、
圧力もなくなるはずですよね?(プライドとか執着とか他の要因もあるのでしょうか?)
テイラーが表にでてきてから、金銭トラブルの件は
事件の詳細を話すべきだとおもいますし。
あくまでも川田さんの事件については
、谷口とテイラーで済む話ですね。女性側にテイラーに対してなんらかの情でもあるのでしょうか?
普通契約した人間が過去のトラブルもってきたら
契約破棄とかありまえすよね?(女性が谷口とテイラーとあった時系列がはっきりすれば絞れそうですが)
2013-12-19 Thu 03:51 | URL | L #-[ 編集]
>ただ、「テイラーの素性が明らかになると、川田さんの事件の報道が引いていった」というのは、当初の報道の流れを追っていた私からすると、違うと感じます。

まったく同感です。

>テイラーも谷口もどちらも怪しいならば、どちらも報道すればいいのであって(胡散臭い人間同士の泥仕合はマスコミは大好きなはず)、どちらも怪しいから報道しないなどということもありません。

こちらも同感!

自分には、一にも二にも、なんでマスコミは谷口元一のストーカー常習のことを伝えないんだ、とそれだけです。海外メディアがこれだけ騒いでるんですから。
下のリンク先の690にリストあり。

http://geinolabo.ldblog.jp/archives/4662706.html

米ワシントンポスト紙
米ABCニュース
ボストン・ヘラルド誌
FOX NEWS
Japan daily times
businessweek
ヘラルドサン(豪州)
香港サウスチャイナモーニングポスト
豪ニューズ
ヤフーカナダ
アメリカMSNニュース
アメリカコスモポリタン誌
ヤフーシンガポール

ミス・インタの話なんだから、まだまだ増えるかも・・・
2013-12-19 Thu 18:42 | URL | はせお #mQop/nM.[ 編集]
いま miss international japan ikumi yoshimatsu で検索したら、まだまだ増えてますwwww

Times of India
Daily Beast‎
au.ibtimes.com
philnews.ph
www.examiner.com
www.charlotteobserver.com
www.scmp.com
www.hindustantimes.com
www.irrawaddy.org
indencioseyes.wordpress.com
news.silobreaker.com
attracttour.com
・・・

まだまだいきそう。
2013-12-19 Thu 19:13 | URL | はせお #mQop/nM.[ 編集]
結局のところ谷口とテイラーがどういう人物かって
スキャンダル大好きなマスコミがおえばいいだけですよね

ただ海外のマスコミも正直そこまで信用はできないとおもいますよ
このままだと、
いつもの日本の文化の問題!(テイラーアメリカ人だろw)みたいにもっていくだけかと
2013-12-20 Fri 09:43 | URL | L #-[ 編集]
「悲劇の主人公」の捏造感をぬぐえません。
私には吉松さんとテイラー氏が付き合っているとしか思えませんが?何故、自らわざわざテイラー氏と谷口氏の問題に巻き込まれているか?何故「金を返せ」と執拗に言われているような人物をわざわざマネージャーにしているのか?
単純に、テイラー氏を切ればこのような事にならなかったのではないでしょうか?
2013-12-25 Wed 02:35 | URL | タベルナ #-[ 編集]
>私には吉松さんとテイラー氏が付き合っているとしか思えませんが?

仮に付き合ってるとしたら‥‥だからなに??
今川田さんの件も含めていろいろ読み返してるけど。業界人にとって、谷口元一氏のやり方は「おなじみの手口」。
しかも海外メディアが日本のメディアを疑問視する事態にも(もっとも前々から記者クラブ制度とか問題視されてたんだけど)。
吉松さんとテイラー氏が付き合ってるとかそんなレベルの話に落としてはいけない。
2014-01-31 Fri 12:31 | URL | はせお #qbIq4rIg[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-02-10 Wed 00:57 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-02-10 Wed 01:00 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。