追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自殺を口にする人は死なないと笑った谷口元一

交際中の女性に「死んでくれ」などとLINEでメッセージを送り、自殺をそそのかしたとして、警視庁三田署は21日までに、自殺教唆の疑いで、大学三年生の容疑者(21)を逮捕しました。自殺した女性と容疑者は交際関係にあり、女性の方から別れを切り出したあと容疑者がメッセージを送り、女性が自殺したとのことです。

亡くなった女性はブログを残しており、以前から自殺未遂や自傷行動を繰り返していた様子がわかります。女性は、容疑者と別れた後すぐに他の男性と自殺未遂騒動を起こしており、今回の自殺も、容疑者に全責任があるかとはいえないケースと思われます。逮捕が妥当だったかは疑問です。ただ、日頃から死にたいと口にする人は、かえって死なないものだというのは迷信です。

マット・テイラーが裁判所に提出した準備書面によると、テイラーと谷口は、平成20年三月二十二日に話し合いを行い、両者合意の上で、これ以上川田さんを脅迫しない旨の誓約を録 音したそうです。この際、テイラーは、谷口に川田さんが自殺を口にしていることを告げたとして います。すると谷口は、「川田は死なない、死ぬという奴が本当に死ぬわけがない」と笑いながら答えたとのことです。

一審勝訴判決後、谷口は、「彼女は、自殺する2週間くらい前から明らかに精神状態が不安定になっていました。目も 完全に 宙を向いていて合わせられない状態でした。」と言っています。川田さんが亡くなった直後の事務所のHPでは「亡くなった原因は皆目検討がつかない」としらを切っていたくせにです。

川田さんの出演していた番組の最後の放送では、富士山樹海での自殺者特集でした。しかも雑誌報道によると、この企画はケイダッシュサイドの持ち込み企画だったそうです。川田さんの精神状態が不安定だったことを知りながら谷口は、番組で自殺者特集を扱わせたのか。川田さんをさらに苦しめ、番組内で辱め、失態を誘った上、干す口実にでもしたかったのでしょうか。

谷口の心ない言葉や嫌がらせから、川田さんが最後に意思を固めてしまい、自殺に踏み切ってしまった可能性は高いと思います。そうでなくても、川田さんは、自分のブログで何度も精神の変調を訴え、雑誌記事で大きく取り上げられるまでになっていたのですから、普通の事務所なら、所属タレントの管理をきちんとやるはずです。谷口が、事務所内で独裁者となり、川田さんを心身ともに支配していたからあのような事件が起きたのです。

死にたいという人は、本当に死なないというのは馬鹿げた俗説であり、ましてや、そういう人に心ない言葉を投げつけるなどというのは言語道断の行いです。また、死を口にしても変に明るかったり、また何度もウソをつくようなタイプの人もいます。こういう人はこちらが油断してしまい、「また言ってる」という感覚になりやすいので注意が必要だと思います。


スポンサーサイト

追悼川田亜子さん | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<練炭を買ってこい! 川田さんは谷口から酷い嫌がらせを受けていたのか? | HOME | 実名で報道された谷口元一>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。