追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お父様の両氏への思い 暫定的まとめ4

お父様への両氏への思い
まず、谷口氏への怒りはないとおっしゃっています。女性自身6月17日号では、「私が怒っていると書かれていましたが、そんなことは絶対ありません。彼とは東京で会いましたが、事務的なことを話しただけです。個人的にどうこうではなく、彼も含めた事務所の方に、葬式のことなどよくしてもらいました。怒っていることは、何もありません」といわれています。フライデー6月20日号でも同様のことをいわれています。「事務的なことを話した」段階では、お父様はすでに事実関係について納得されていたのでしょう。

テイラー氏については、フライデー6月20日号で「マットも、亜子のことを思っていろいろ動いてくれた。男女関係だったのか友人関係だったのかはわかりませんが、亜子が彼に仕事上の問題をいろいろと相談していたのは事実です。」とされています。テイラー氏は、川田さんと交際関係にあったかどうかはマスコミに口を濁していますが、お父様にも事実は伝えていないようです。

結局、お父様は両氏に対しては、「亜子の大学時代の友人にもTさんとマットのことを確認しましたが、二人ともよくしてくれていたことがわかりました」(フライデー6月20日号)と結ばれています。

スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

お父様へのインタビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「母の日に私は悪魔になってしまいました」の意味 暫定的まとめ5 | HOME | 川田さんの死に事件性はなかったか 暫定的まとめ3>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。