追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

[コスプレ写真撮り嫌がらせ]ストーカー男逮捕されていた[東スポ]

東京スポーツ5月30日号が、川田さんの女子高生コスプレ写真を撮り、彼女にストーカー行為を繰り返した40代の映像プロデューサーHが昨年逮捕されていたことを報じている。ただし、容疑はストーカー行為ではなく、詐欺罪。NHKで番組演出をしている映像プロデューサーなどと自称し、映画出演を餌に、タレントの卵やレースクイーンに肉体関係を迫る一方で、多くの金銭トラブルを抱えており、それが原因で逮捕された模様。

昨年の6月8日に発売された「週刊現代」に「人気アナ川田亜子の『セックスと上昇志向』」なる記事が掲載されたが、この記事の出所元がこの男だった。週刊現代は、このあやしい業界人の作り話をそのまま載せて川田さんを中傷していたことになる。

Hは、業界人としてはそこそこの力はあったようで、昨年は、下着メーカーに数千万出資させた上で「東京セレブ」なる映画を製作している。(ただし公開にはいたらず。Hの逮捕と関係があるのかもしれない。)主要キャストは、浅見れいな、木下ココ、要潤、袴田吉彦、小木茂光、西村雅彦。かなりの面子である。ちなみに「東京セレブ」のストーリーは、アナウンサー学校に通う女の子が、女子アナを目指すというもの。Hの女子アナに対する強い執着心が伺える。

Hは、派手な業界人風の風体でTBSに出入りし、高級外車を乗り回し、入社まもない、右も左も分からない川田アナに近づき、入手が難しいW杯日本チケットを斡旋してやるなどして、恩義を着せた上で、酒の席でコスプレ写真をとらせたもののようだ。

しかし、次第にHの怪しさに気付き、距離をとり始めた川田アナにこの40男は逆上し、ストーカー行為をはじめ、いよいよ男として相手にされないと分かると、コスプレ写真を週刊現代に持ち込んだ。この記事では、Hは彼女と肉体関係があったかのような作り話も告白している。

東スポには「この卑劣な行為に川田さんは相当傷つき、ショックのあまり情緒不安定になってしまったんですよ」(芸能プロ関係者)とある。深く傷ついた川田さんに、事務所社長の谷口が甘い言葉を近づいていったことは想像に難くない。また、二人の関係がこのトラブル以前にすでに存在していたとするならば、このトラブルは、川田さんの谷口への依存度をさらに高めてしまったに違いない。

主要メディアの多くがケイダッシュの威光に恐れおののき、谷口をはじめとした事件の暗部に光をあてようとしない中で、東スポの連日の報道はGJだ。しかし、今回、週刊現代が、いんちき業界人の作り話をつかまされていたことが明らかになったせいで、週刊現代が事件報道に及び腰になるならそれは問題だ。過去の記事はどうあれ、週刊現代はケイダッシュの恫喝に屈しないだけの気概がある。月曜日の週刊現代に注目だ。
スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

逮捕されていたストーカー | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<[東スポ]TBS内は、今、谷口許すまじの大合唱 | HOME | [日刊スポーツ]自称カウンセラーが突然登場。御用メディア日刊スポーツの腰抜けぶり。>>

この記事のコメント

芸能関係者が明かす。

川田アナにストーカーをしていたとされる男は40代のヘイゾウプロデューサー林氏だったといわれています。
しかも、林氏は警視庁戸塚署に昨年秋頃、無銭飲食で逮捕されているんですよ。

林氏は川田アナのコスプレ写真で味をしめたのでしょう。今度はマスコミ各社に松嶋菜々子と安達祐実の全裸写真を、高額の値段で買わないかと、話を持ちかけたんですよ。
しかし――。
大物女優2人に似た写真はアイコラか、ネット上で拾った違法画像を転用したものだろうと各社はすぐにボツにしたと聞いています。
2008-06-09 Mon 09:46 | URL | ブルーポイント白金バルビゾン #6GgKOieI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。