追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テイラー氏「悪評」報道の裏にあるもの

今週の週刊大衆に“独走スクープ”として、テイラー氏へのインタビューが載っています。インタビュー内容については近日ブログにアップしたいと思いますが、今回はなぜ週刊大衆が”独走”しているのかについて皆さんに注意を喚起したいと思います。週刊大衆は、“独走スクープ”と唄っていますが、これは、他誌がケイダッシュへの「配慮」ゆえに沈黙するなか、結果としてそうなったいうのが実態でしょう。サイバッチによると、テイラー氏は、映画の宣伝もかねてか、あらゆるメディアに売り込みをかけているそうです。これだけの「オイシイ」ネタであるにもかかわらず、結局テイラー氏の売り込みに応じたのが現段階では週刊大衆というキワモノ実話系雑誌一誌のみ。心胆寒からしめる報道偽装の闇が広がっています。

cancamを人質に取られて週刊ポストはケイダッシュの犬と化し、業界の笑いものになりました。他誌の場合、ケイダッシュへの配慮と報道との間でそれなりに苦慮した「跡」はうかがえますが、週刊ポストの腰抜けぶりは突出しています。また、週刊現代は、先週号で、「川田亜子が最後に愛した平和活動家の「過去と悪評」」という記事を出しています。この突然のテイラー叩きの背後にどのような動きがあったのか?プチバッチが、講談社内部の人間から取材しています。

記事の内容はほぼ正しいと思います。こちらにも似たような話が入ってきている。が、問題なのは記事掲載の経緯です。(略)川田の周囲にいるのは●ズばかりですよ。で、川田亜子の『自殺』直後、週現はそれを記事にしているんですが、そのとき、テイラーを登場させ、実名こそ出さなかったものの読むひと読めば谷口元一のことだとわかる書き方(「彼女の周囲いる責任ある人」同誌6月14日号P.44)で、『自殺』の原因が谷口にある、という書き方をしている。ま、それはテイラーの語ったほんの一部で危ない部分はすべて『自主規制』していた。

それでも、である。週現はたったそれだけのことであの事務所からお叱りを受けたのである。

「彼女の周囲にいる責任ある人」すなわち谷口に、テイラー氏は川田さんが何度も死にたいといっているということを伝えています。しかし、谷口は、テイラー氏に「自分で死にたいといっている人間は死なないよ」と笑って答えたというのです。そして、このテイラー証言を記事にしたせいで、週刊現代編集部は大変にきついお叱りをうけてしまったというのです。

「実際に、谷口元一から(「テイラーを叩け」という)指示があったわけではないと思いますよ。あれは上層部が『自主判断』(笑)でやったもの。『二度とテイラーの言い分を記事にしません』『死ぬまで谷口さんについていきます』という意思表明だったんでしょう」(「週刊現代」関係者)

テイラー氏の身辺には金銭トラブルや女性トラブルが多発していることは、東スポ週刊大衆サイゾーといったケイダッシュとは取引に応じていないと思われるメディアも報道しています。2ちゃんねるにもテイラー氏が立ち上げた怪しげなチャリティイベントに関する告発スレッドがかなり前からあります。当方にもテイラー氏の無責任な女性関係について情報提供がありました。しかし、テイラー氏と谷口が激しいつばぜり合いを演じているなかで、谷口サイドに立ったメディアが流すテイラー氏のマイナス情報は、明らかに谷口を利するものです。テイラーが山師であったとしても、少なくともテイラー氏は「人を殺していない」。谷口を名誉毀損で訴えると公言しているテイラー氏の証言は、事件の真相を明らかにする突破口になる可能性を持っています。「殺人者」を告発するためににはテイラー氏のような小悪党も時には有用になりえます。公平を期すため、テイラー氏に関する報道や情報も当ブログでは記事にしていくつもりですが、これからメディアに出てくるテイラー氏叩き報道の背後に誰がいるのかを常に意識していないと、私もみなさんも騙されてしまう。このことを肝に銘じていきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

マット・テイラー | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<川田さんはテイラーの女性関係に苦しめられていたのか? | HOME | 川田さんの学生時代のアルバイトに関して>>

この記事のコメント

>これからメディアに出てくるテイラー氏叩き報道の背後に誰がいるのかを常に意識していないと、私もみなさんも騙されてしまう。このことを肝に銘じていきたいと思います。

私も同感です。背後には誰かいる・・・この認識だけは常に頭に置いています。
2008-07-02 Wed 06:16 | URL | YUI #Cww3j7fY[ 編集]
確証はありませんが、川田さんの過去のブログに テイラーとの接点 を思わせるような記述があります。

2008年1月17日 ・・・日付からも分かるように 川田さんの誕生日の日のブログです。

この日はサタデースクランブルの関係者とのスナップ写真とその時にもらった花の写真がアップされていますが、同じ日にもう一つ、ブログがあります。

サタデースクランブル収録後のプライベートでのランチの模様ですが、私はランチの相手が
テイラーだったのではないか
 と思っています。

題名 サプライズ
ランチをしていたらサプライズデザートが!嬉しくて胸がいっぱいでウルウルしてしまいました。今年はより一層頑張っていい一年にしなければ・・・と決意させてくれました『大切な友達 に感謝の気持ちを込めて

という文とともにデザートの写真が掲載されています。
皿の上の方には Joyeux anniversaire  ・・・フランス語で "Happy Birthday" の意 
下の方には AKO  と描かれています。

大騒ぎになった5月の連休明けのブログのような異常さはありませんが、実は年明け前後から川田さんは既に何かに悩んでいたような記述がこの頃のブログに散見されます。

デザート皿へのメッセージなどは、フランス料理店で誕生日のサプライズを、と頼めばやってくれるような、さして珍しくもないサービスですが、何かに悩み、一人で苦しんでいた、そのような心の隙間にテイラーのような輩がこんな『演出』とともに言葉巧みに接近してきたのだとしたら、それは川田さんの運命という名の天秤を死の方向へ大きく傾ける、その始まりだったのかもしれません。

テイラーは『自分宛に隠された遺書があり、その内容はいずれ明らかにする』など、あたかも谷口陣営の死命を制する何かを握っているかのような言い方をしていますが、果たしてどうでしょうか。

来週あたりから映画の公開(確か7/19)までの2週間、多方面に売り込みをかけると思いますが、結局は『真相は知っているが川田さんの名誉のために言えない』と誤魔化すのがオチだと思います。

テイラーは川田さんの事件を利用して、 あたかも自分が 谷口の弱みを握っている かのように周囲に思わせる事によって 日本でのビジネス (芸能界に限らず怪しげな商売も含めて) などで有利に立ち回ったり、谷口らの勢力を利用しようとしている だけで、けっして川田さんの無念を晴らすような行動はとらないでしょう。

本気で逆らえば潰されるのはテイラーの方でしょうから、先日、記事になった「訴訟の準備」などというのも所詮はただの駆け引き・胎の探りあいに過ぎないと思います。

川田さんは、テイラーなどという輩よりも、亡くなる直前に会う約束があったという元TBSの方(飲酒楽堂氏)のような方にこそ、もっと早い時期から相談すべきだったのではないかと悔やまれてなりません。

川田さんは事務所をやめても放送と関わる仕事を続けるために飲酒楽堂氏のNPOに参加するつもりだったのではないでしょうか。

事務所をやめればその圧力で2度とアナウンサーやタレントとしては番組に出られなくなる事は承知の上で、事務所の圧力の及ばないNPOに参加し、放送や報道の裏方として 『夢』 を実現するつもりだったのではないでしようか

川田さんが飲酒楽堂氏との約束をなぜすっぽかして亡くなったのかが長らく疑問でしたが、やっと分かったような気がします。

亡くなる直前に、川田さんは谷口と会うか、または電話で話したらしい、との噂があります。
私はその時に 飲酒楽堂氏のNPOに参加すれば、そのNPO自体も仕事のできないようにする、潰してやる、 などと脅迫されたのだと考えています。

自分だけにとどまらず、川田さんが最後に見出した唯一の希望であった飲酒楽堂氏のNPO活動にまで谷口らの妨害が及ぶ事を恐れ、これ以上、谷口らに他人に迷惑をかけさせない、との悲壮な想いから川田さんは死を決意したのではないか。

谷口とその背後にある勢力ならば、飲酒楽堂氏の仕事を潰すくらいの事は躊躇せずにやるだろうし、できるだろう事を川田さんは知っていたのでしょう。

ただ飲酒楽堂氏のブログを拝見したところ、氏はTBS在籍時代にも谷口を駆逐しようと考えた事もあったようで、脅迫や妨害に屈するような方ではないようです。
もし川田さんがあの晩、ほんのわずかな時間でも絶望に耐えて、生きて氏と相談し、その庇護を求めていれば、少なくとも死なずに済んだのではないでしょうか。

私は川田さんは断じて「うつ病」などではなかったと思っています。 
GW明けの不安定な状態や体調不良は、妊娠初期のマタニティブルーであり、「つわり」によるもので、周囲の理解と何よりも祝福があれば、けっして憂慮すべきものではなかった。

谷口らに中絶か仕事かの選択を迫られた挙句、事務所をやめて子供を産む事を選んだ川田さんから完全に仕事と夢を奪おうとした谷口に対して、唯一できる反撃が、自殺だった のではないかと考えています。

川田さんは、これ以上、他の方に累が及ばないよう、身を挺してこの事を世に伝えたかったのではないでしょうか。
2008-07-02 Wed 16:34 | URL | 妃英理 #0KPNw.oM[ 編集]
毎日新聞英語サイトWAIWAI閉鎖理由がHENTAI(変態)ではなく川田亜子のまとめ

http://antikimchi.seesaa.net/article/102258428.html
2008-07-06 Sun 14:57 | URL | #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。