追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

[週刊ポスト]お母様初告白記事 テイラー氏コメントにみるポストの「意図」

今週の週刊ポストの「自殺川田亜子さんの母が初告白「あの米国人恋人への許せぬ思い」」という記事で、一番問題とされているのは、いうまでもなく、なぜお母様が、テイラー氏に「許せぬ思い」を抱いているかということです。記事には、川田さんが何度も自殺未遂を繰り返していたことをテイラー氏は知っていながら、ご家族に何の連絡も取らなかったから、お母様は憤慨なさっているのだとされています。この点について、ポストの記者は、テイラー氏に取材したのでしょうか。記事には、「本誌の直撃」取材とありますが、なんとテイラー氏への取材は、携帯のメールによるものでした。テイラー氏の周辺人物から情報提供がありましたので、掲載します。以下がポストからのメールとテイラー氏の回答です。

 

マット・テイラー様

先程はお電話で失礼いたしました。
以下、質問項目を記させていただきます。
お忙しい中、大変恐縮ですが、よろしくお願いします。


質問1

川田さんが亡くなってから、約2か月が経ちました。
ネット上では死の真相をめぐり、自殺説、謀殺説等が飛び交っていますが、
親しくお付き合いされていたマット様の今の見解をお聞かせ下さい。

質問2

川田さんは死を迎えるにあたり、マット様に手紙を残したと聞いております。
差し支えのない範囲で構いませんので、どのようなことが記されていたのか、
お聞かせ下さい。

質問3

私どもは川田さんのお母様にお話をうかがいました。すると、お母様が
テイラー様の映画のエンドロールに娘の名前が載ることに抵抗感を感じる、
との旨の発言をされました。

先程、テイラー様は死者への敬意として、エンドロールに名前を乗せる風習に
ついて言及されていましたが、彼女が映画に積極的に関わったのであれば、
掲載することは自然かと思います。

そこで、彼女は映画にどのように関わったのか、また、お母様の「載せないで欲し
い」
という願いを聞いて、どう思われたかをお聞かせください。

以上


+++++++++++++++++++++

浜田盛太郎(はまだ・せいたろう)
〒150-8001
東京都千代田区一ツ橋2-3-1
小学館 週刊ポスト編集部
電話 03-3230-5954
FAX 03-3230-5984
携帯 090-××××-××××

浜田 盛太郎 様

1.言葉による暴力、計画された精神的圧力、それらに伴う脅迫によって死が招かれ、それが謀殺と呼ばれるものであれば、亜子さんの死は単なる自殺ではない。今ロサンジェルスで類似のケースがあり、裁判の結果を注視しています。

2.ノーコメント

3.亜子さんは熱意をもってボランティアとして映画の完成に積極的に協力いただきました。特に完成の半年前から、いろいろなアドバイスや、イベントの司会をして戴き、完成まじかにはサウンドトラックの編集にも係わって戴きました。

亜子さんの名前をほかの大勢のボランティアと一緒にエンドロールに載せることが二人の間の約束でした。またアメリカの映画界の習慣として、作品にかかわった人や、監督が思う大切な人が亡くなった時は、その人たちに作品を捧げるのが当然です。

お母様の気持ちについては、完成した映画をご覧になれば、亜子さんのこの作品に対する強い思いを共有され、ご理解いただけると信じています。

マットテイラー

 

 

以上のやり取りから、分かるように、ポストの記者は、すでに川田さんのお母様から話を伺ったといいながら、お母様が、テイラー氏から娘の自殺未遂について連絡がなかったことを憤慨なさっているという点については、上記のメールによる質問では、まったく触れていません。テイラー氏の友人の話によれば、テイラー氏は、川田さんが何度も自殺未遂を繰り返していることを川田さんのお父様とご長男に連絡して、善処してくれるよう頼んでいます。ポストの記者が、あえてテイラー氏に質問しなかったのは、テイラー氏の反論を載せると、あらかじめ用意していた「テイラーへの許せぬ思い」というストーリーが崩れてしまうことを恐れたからではないでしょうか。それともテイラー氏へのメール取材を受けてあらためて、お母様に取材したときに、家族に連絡うんぬんという話が出てきたんでしょうかね。それにしても、テイラー氏へは、携帯のメールの取材なわけですから、再度確認ぐらいできると思いますが。ポストのケイダッシュへの腰抜けぶりを見ると、現段階では、ポストが谷口の意向を受けて、テイラー氏を嵌めようとしたとしか思えません。こういう言い方は、素人の言いがかりでしょうか?では、どうでしょうポストさん。もう一度テイラー氏に再取材されてみてはいかがですか。ww




スポンサーサイト

マスコミ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<川田さんは性的関係を強要されていた 裁判は絶対にやる!テイラー氏の執念は実を結ぶか | HOME | 週刊ポストに、お母様の「初告白」>>

この記事のコメント

相変わらず、テイラーの回答は場当たり的で誠実さに欠けますね。

「亜子さんの名前をほかの大勢のボランティアと一緒にエンドロールに載せることが二人の間の約束でした。」・・・などとは、試写会の時には言ってなかったはずですが。

彼の脳は、質問されると自分に都合の良い「記憶」をその都度、作り出す機能があるようですね。
そのくせ、川田さんが亡くなった後、5日ほど後になって「2人なら分かる場所」とかで発見した「遺書」とやらは忘れてしまったらしい・・・。
それとも今、脳内で作っている最中なのかも。

ちなみにGoogle ストリートビューで丸運付近を見たところ、建物内部に白いベンツらしき車が写っていました。
ベンツとは無関係のはずの丸運なのに、これはどういう事なのでしょうか?

天網恢恢、疎にしてもらさず、とはよく言ったものです。

たとえ些細な情報だとしても、三田署は丸運関係者や25日夜の白ベンツの目撃者などに改めて事情聴取をするなりして真相を究明すべきだと考えます。

管理人様
何度かこちらにコメントさせていただいた文章を加筆・再構成し、黒歴史博物館というサイトを立ち上げてまとめ直しました。
悪しからずご了承下さい。

なお、白いベンツと件の丸運内の白い車の比較などもその中で考察しておりますので、よろしければご参考まで。






2008-08-07 Thu 02:39 | URL | 妃英理 #0KPNw.oM[ 編集]
ちなみに浜田盛太郎は偽名だよ。
2008-08-07 Thu 09:33 | URL | pontaponta999#政治結社同志会 #roOum4UQ[ 編集]
グーグルストリートビューの車は、日産シーマなんですが…。
2008-08-08 Fri 23:21 | URL | moto('91) #AQvzauzI[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。