追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

川田さんは性的関係を強要されていた 裁判は絶対にやる!テイラー氏の執念は実を結ぶか

週刊ポストの記事をはじめとして、このところ、谷口サイドによる、各種マスコミ媒体を使ってのテイラー包囲網が着々と進行しつつあるように思います。ブブカや実話ナックルズは、川田さんの自殺原因がテイラー氏にあるという記事を掲載していますが、ブブカを発行するコアマガジンの野口孝太郎や実話ナックルズを発行するミリオン出版の日笠は、谷口に買収されたともっぱらの噂です。ナックルズは、川田さん以外にも二人の女性が、谷口の毒牙にかかり自殺していたという記事まで書いていたのに、えらい変わり様ですね。また、当初は谷口の黒い噂を掲載していた東スポも、最近は、テイラー氏をターゲットにした記事をしつこく掲載しています。東スポも寝返ったのでしょうか・・・・さて、数日前の東スポには、テイラー氏の反核団体GATEに協力した音楽プロデューサーの小林武史氏に、「某団体」から激しい抗議がいったという話が掲載されていました。テイラー氏は、日本の芸能界には相当の人脈を持っているようですが、ケイダッシュサイドから、「テイラーと関わると大変なことになるぞ」という脅しがかけられているであろうことは、想像に難くありません。

それにしても、事件から三ヶ月にもなるのに、最近になって、反テイラー氏の記事が急増したのはなぜでしょうか。思うに谷口は相当焦っていると思います。表舞台の仕事からは、はずされてしまった上に、テイラー氏がいよいよ本気で裁判をやるつもりだということを谷口は確信したからでしょう。法廷で、自分が川田さんにしてきたことを洗いざらいぶちまけられたらどうなるのか・・・・裁判前にマスコミをコントロールし、よしんば不利な証拠が出てきても、できるだけ報道を沈静化させたい。そのための布石をうっているのでしょう。

テイラー氏周辺からの情報提供によれば、テイラー氏は、少なくとも以下の三点

1 谷口からテイラー氏ならびに川田さんにかかってきた脅迫電話の通話録音記録
2 谷口が、放送局や出版社に出した、「テイラーの言い分を絶対に取り上げるな」という内容のFAX
3 川田さんがテイラー氏にのみ残した遺書

について、物的証拠を保有しています。1に関しては、聞いていて気分が悪くなるもので、谷口の人格的異常性を示すもののようです。驚くべきことに、谷口は、川田さんに対して、「他の男と関係をもてば、オレは、お前とその男を殺す」と脅迫していたというのです。そして、谷口は、事務所社長という自らの地位を利用して、川田さんに性的関係を強要していたというのです !! テイラー氏サイドは、今回の事件は一種の殺人ともいえるケースであり、優先的地位を利用した性的関係の強要や、結果としての自殺は、民事上のケースではなく、アメリカなら刑事事件として取り扱われるであろうといいます。ポスト誌の質問に対するテイラー氏の返答

1.言葉による暴力、計画された精神的圧力、それらに伴う脅迫によって死が招かれ、それが謀殺と呼ばれるものであれば、亜子さんの死は単なる自殺ではない。今ロサンジェルスで類似のケースがあり、裁判の結果を注視しています。

は、このことを示唆したものです。

法廷で、谷口の悪行が暴かれる日が近づいています。さらなる犠牲者を出さないためにも、みなさん、この事件を過去のものにしてはならないのです。

スポンサーサイト

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<テイラー氏悪評報道に対する反論 | HOME | [週刊ポスト]お母様初告白記事 テイラー氏コメントにみるポストの「意図」>>

この記事のコメント

 何時も拝見させて頂いております。
 余りの展開に言葉も有りません。
 この様な何の役にも立たないコメントは、ただ迷惑なだけけだと思いながらも、どうしてもお礼申し上げたく、失礼させて頂きました。
 何時も本当に有難う御座います。
 …驚きに、これ以上の言葉が見つかりません。
 これからも、宜しくお願い致します。
 それでは、失礼いたします。
2008-08-16 Sat 02:45 | URL | 空虚 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-08-16 Sat 10:27 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-08-28 Thu 00:55 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。