追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

明日の公判に谷口が出廷

公判も明日で三回目、書面の審査も終わり、谷口に対する直接の尋問がはじまります。次回の裁判では谷口が始めて出廷するようです。また、次回以降も適時召喚されるようですね。川田さんを死に追いやったこの鬼畜は、はたしてどんな顔をしているのでしょうか。芸能事務所社長という公人の身分でありながら、ネット上には、谷口の写真が一枚も存在していません。なにかそこにタブーでもあるんでしょうかね。とにもかくにも明日、この鬼畜と呼ばれる男の素顔が明らかにされます。

スポンサーサイト

裁判 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<【ジャーナリスト本多圭氏】"芸能界のドン"に完敗しても私が彼らの追及をやめない理由 | HOME | 次回の公判>>

この記事のコメント

傍聴しましたが、谷口はおろかテイラー氏も出廷してませんでしたよ。
まだ書類のやり取りをやっていましたが、民事では普通のことみたいです。ちょっとのろのろしてていらいらしますね。
次が裁判四回目ですか。次こそいよいよでしょうね。みなさん、裁判所前にカメラ持参しましょう。
谷口が出廷しないことはありえないので、もう少し待ちましょう。
2009-01-30 Fri 14:42 | URL | saiban #wLMIWoss[ 編集]
民間初の世界核兵器解体基金を自称するマット・テイラー氏に関するトラブルが勃発しそうだ。

同基金のゼネラル・ディレクターの金親晋午氏発言
「マット氏が代表を務めるNPO法人『世界核兵器解体基金』は核兵器を解体し、その部品で商品を作成。 その売上金で核兵器の解体を推進することを目的としています」

某氏発言
「設立時、協力費を募ったんです。もちろん、名目は核兵器解体の資金集め。ところが現時点で、核兵器を解体した実績はゼロ」

某記者調べ
また、サンフランシスコに同基金の事務所があるが、
「ビル正面玄関の案内板には、同団体の名前が出ていない」

出資金行方の取材に対し、同基金のゼネラル・ディレクターの金親晋午氏発言
「準備不足で解体が遅れているのは事実です。そのために誤解が生じたのかもしれません。
ただ、出資ではなく寄付です」
と認める発言をした。

この2009年6月の取材から分かるように、現時点、民間初の世界核兵器解体基金という団体は核兵器を解体した事実はない。

では、この団体が現行寄付を募って販売行為に及んでいる核金属というものはいったいなんなのか!??

2009-07-25 Sat 12:01 | URL | ルージュ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。