追悼川田亜子アナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

[週刊朝日]「練炭自殺」川田亜子さんを悩ませた二人の男の”影”

週刊朝日6月13日号は、「練炭自殺」川田亜子さんを悩ませた二人の男の”影”」と題して事件を扱っている。一ページにも満たない記事でたいした取材もなされていないが、これでも「川田亜子さんの死には、いまだ謎が残る」と「謎」の存在をほのめかしているだけましなほうだ。この程度の記事でも、大手マスコミの報道としては、もっとも突出した記事になってしまうほどケーダッシュのマスコミ工作は功を奏している。

この記事では、TBSプロデューサーの証言として、川田さんと谷口が交際していたことがはっきりと書かれている。

「もともとTBSから川田さんを引き抜いてフリーに転身させたのはA氏。当時、彼は川田さんと交際していて、自分の事務所に彼女を誘ったのです」

また、大手芸能プロ関係者の話として

「A氏とは昨年末に別れたそうですが、別れ話は川田さんが切り出した」

とある。昨年末に川田さんが谷口をふったという話は複数のメディアに出ている。川田さんからの別れ話に逆上した谷口が、事務所社長としての権限を濫用して彼女から仕事を奪い取っていき、彼女から未来の希望を奪い、自殺へと追い込んだのだろうか。記事はアメリカ人平和活動家マット・テイラー氏に川田さんが

「ここ一週間、仕事がない」とこぼしたこともあるという。

と報じている。極め付きは、谷口から川田さんに送られた「お前はもうこの世界では生きていけなくなる」という脅迫メールの存在だ。脅迫メールに関しては、週刊朝日は臆したか、もっぱら東スポの報道を引用する形で書いている。しかもこの脅迫メールの送り主が谷口であることは直接触れないような書き方をして逃げている。

最後に記事は、彼女の心に渦巻いていたものが何であったかは、家族に残された遺書に隠されているのではないかと結んでいる。遺書の内容を受けて、ご遺族の方が具体的アクションをとられることを期待したい。ただし、ネット上では、遺書が手書きではなかったという情報もあり、また、深夜にベンツの室内灯が点燈しているのを四人の方が目撃し、現在警察が聴取しているとの報道もある。となると、自殺という前提そのものが疑わしいということになるが・・・・


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:2 | トラックバック:0 |

[内外タイムス]肥留間正明の芸能斜め斬り

[ナックルズ]川田亜子さん報道に芸能界のパワーゲーム?では、「行き過ぎたT氏関連の記事は、ほとんどが敵対する芸能グループからのリーク」だという芸能ライターの見解を紹介し、谷口のマイナス情報には対立グループの流した虚偽が多く含まれている可能性を示唆した。しかし、やはりこのような見方は谷口に甘すぎるたようだ。そもそも「行き過ぎたT氏関連の記事」など主要メディアではとんどみない。この記事について、サイバッチさんからメールを頂いた。

「マスコミ関係者で谷口が自殺に関係ないと思っているものはひとりもいませんよ。ケイダッシュのお抱えライターなんでしょう。芸能ライターなんてほとんどがゴロです」

ただし、芸能ライターでもかなり踏み込んだ記事を書かれている方がいた。肥留間正明氏の芸能斜め斬り 川田亜子アナ自殺の裏側だ。

 「今回の件につながる理由が、皆目見当もつきません」
 川田亜子さん(享年29)自殺のニュースに対して、冒頭の所属事務所のコメントには「そりゃないだろう」と言いたくなる。自殺の原因を所属事務所が知らないわけがないのである。逆に言えば、話せない原因があるとしか思えない。

と、すばりと切り込んでいる。

スポーツニッポンでは「私生活では事務所関係者の男性と交際し、結婚間近といわれていたが昨年末に破局」と報じていたように、自殺との関連がウェブ上で指摘されている。

ここで、結婚間近だと報道したのは週刊文春だ。その週刊文春が、谷口と川田さんの関係について完全に沈黙している奇怪さが、この事件の異常性を際立たせている。

さらに彼女が自殺したベンツの名義は所属事務所になっていて、TBS関係者の間で「結婚が確実」とみられていた所属事務所関係者が使っていたと報じられた。これだけの事実があるのに、「皆目見当がつかない」はありえない。

自殺したベンツの名義をめぐっては、谷口サイドが「川田さんの友人の名義」だという情報を流している。ベンツの名義の記載から、谷口サイドと取引したメディアかそうでないメディアかを判別する指標になるかもしれない。

TBS内ではバラエティーに重きを置かれ、自分のやりたかった報道番組に携わることができない。その時、甘いささやきをしたのが前述の関係者だった。

「この男は、イケ面で物腰が柔らかく、女性タレントとの交際のウワサが絶えない。温室育ちの女性アナウンサーなどイチコロですよ」と男性アナ。

谷口の素顔に関しては、動画情報を頂いたので、後の記事を参照してほしい。

「彼はとにかくプロダクションを背景にして力があった。TBS幹部がペコペコしているのを川田さんが見れば、すごい人だと勘違いしてしまう」とTBS幹部。川田さんは、テレビ界に絶大な影響力のある彼を頼り、タレントの道を歩み始めた。

谷口が極めて危険な男であるということは、TBS幹部は知っていたはずだ。彼女を救える人間は、彼女の周囲にたくさんいたはずだ。彼らが少しでも勇気と愛情をもって行動していてくれたならと悔やまれる。TBS内部の方々は、さらなる犠牲者を出さないためにも、この元TBSプロデューサーの方の証言を心して聞いてほしい。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:0 | トラックバック:0 |

[ナックルズ]川田亜子さん報道に芸能界のパワーゲーム?

実話ナックルズというゴシップ誌を出してるミリオン出版のHPに興味深い見解があった。川田亜子さん報道に芸能界のパワーゲームという記事によれば

「今回の事件、中には川田さんがT氏の子供を堕胎してのでは?などというゴシップもありましたが、T氏と自殺は直接関係は無いようです。まあ、鬱病状態だった彼女に無理やり仕事をさせていたという意味では、事務所の責任は過大ですが。それよりも行き過ぎたT氏関連の記事は、ほとんどが敵対する芸能グループからのリークです。何とかT氏を蹴落としたい芸能界の実力者たちがわんさかいますから。また、このT氏に恨みを持つ芸能記者や編集者も多いので、ケイダッシュの所属タレントになにか不祥事や事件が起きないか待ち構えていた人間も多いようです。(芸能記者/小林真一)」

堕胎はともかく、谷口がなんの関係もないとはいえるのか・・・・ただ、小林記者の指摘どおりの可能性は十分にある。私も踊らされているのかもしれない。しかし「行き過ぎたT氏関連の記事」なるものは主要メディアではほとんどみないのはなぜなのだろうか。白人男性の実名のみが報道され、本来公人であるはずの谷口がT氏扱いなのも解せない。

芸能界のパワーゲームに負けて谷口が駆逐されるというのが、もっとも現実的に希望が持てる?展開なのだろうか。むなしいが、テレビ局に自浄作用がないのなら致し方ない。それに、私は、事実がどうであったということより、亡くなられた川田さんの魂が救済されるようにという思いのほうが強くなってきている。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:0 | トラックバック:0 |

元TBSプロデューサーの方の証言

飲酒楽堂さんという元TBSのプロデューサーの方が、谷口の異常な性癖の犠牲者となった女性を救うために告発の準備をなされていたことを書かれています。また、川田さんとの生前の親交や芸能プロダクションとテレビ局の間にある構造的問題について書かれています。みなさんぜひ読まれてください。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:0 | トラックバック:0 |

[東スポ]川田さんを死に追いやった谷口の脅迫メール

東スポ5月31日号は、独占スクープ第四弾として、、ケイダッシュ取締役谷口元一が、川田亜子さんに向けてだした脅迫メールの詳細を、捜査関係者からの取材によって明らかにしている。これは捜査関係者からの話としているから100%本物と思っていいだろう。しかも、日刊ゲンダイ5月30日号によれば、川田さんのお父様が、今後携帯やパソコンのメールその他遺留品を徹底的に調べて、川田さんを追い詰めた男を特定し、告発する意向だという。谷口よ!一人娘の命を無残にも奪われた父親の執念を見くびるな。お前は川田さんの父親を前にしても、「皆目見当もつきません」とイケシャーシャーと言ってのけることができるのか、よーく自分の良心に(そんなものがあるとすればの話だが)問うてみろ!

東スポ5月31日号の概要は、ズバリ裏芸能でみることができる。


事情に詳しい捜査関係者が次のように明かす。 「川田さんの携帯電話メールには、あまり喜ばしくないメールの 受信がたくさんありましたよ。どんなメールだって?う~ん・・・ ここだけの話ですよ」 そう言うと、この関係者は本紙取材班の一人にこうつぶやいた。脅迫メールですよ

内容はこうだ。川田さんのメールにはあの白人男性と付き合ったらただじゃおかないぞ!」 「お前はもうこの世界では生きていけなくなるといった、 明らかに恫喝、脅迫する文章が受信されていたという。送信主はX氏だった。

 「あの白人男性」とは、川田さんが自殺直前の25日にも昼食を 共にしたアメリカ人平和活動家のマット・テイラー氏のことだ。川田さんの良き相談相手でもあり、このまま交際を続けていけば 「間違いなく恋愛に発展していった」とみられるほど仲が良か ったという。 2人の親密な関係をX氏が知らないはずはなかった。

X氏はテイラー氏が川田さんに急接近していたのを快く思って いませんでした。というより嫉妬していたのかもしれません」

谷口は、文春やフライデーに対しては、「付き合い?ないない!」などと川田さんとの交際を横柄に全否定しているが、「あの男と付き合うと、お前は業界で生きていけなくなるぞ」という恫喝メールの存在は、谷口の川田さんへの異常な執着と嫉妬心を示している。自らの地位と権力を濫用し、川田さんを自らの奴隷に仕立て上げようとした谷口の鬼畜手口は、今後次々とあがってくるであろう証拠によって、明らかになるであろう。


テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:0 | トラックバック:0 |

[週刊文春]谷口元一が週刊文春で川田さんとの交際を全面否定

週刊文春が6月5号で「川田亜子 死に場所に選んだ「白いベンツ」の持ち主」なる思わせぶりなタイトルの記事を掲載しているが、僅か一ページ半、一応”ある男性の存在”を指摘し、谷口から取材をとってはいる。

谷口(記事中では「件の取締役」と言及されている)は文春のインタビューに答えて、

彼女と交際していたというのは、まったくの事実無根です。ブログの件で心配していたので、23日に会社に来てもらって話しましたが、「大丈夫です」と言っていました。体調が悪かったようなので、25日から5日ほどオフでした」

と答えている。なんと文春の記者は、この谷口の弁明をそれ以上追及しようとはしていない。 ヲイヲイ文春さんよ、川田亜子、婚約者は事務所社長!玉の輿婚にオノロケなる記事で、二人の交際を一番最初にスクープしたのは文春じゃないか。

この記事では、「実はそのお相手は、川田がTBSを退社した直後に所属した大手芸能事務所『ケイダッシュ』の取締役兼“名物マネージャー”のT氏だというんです」と、事務所名もイニシャルも出ているが、今回の記事ではケイダッシュのケの字もなく、「大手芸能事務所」とあるだけだ。

さらに、全国紙社会部記者談として,遺書には、「家族への感謝と、「疲れた」という言葉が書かれていたらしい。」、白いベンツの持ち主も「彼女の名義ではなく、事務所とも関係ない、彼女の知人の名義になっていたという」と「らしい」「という」といずれも伝聞調。記者自らは取材していない。いいかげんにしろ(怒)。ベンツは名義は事務所だが、日頃使用していたのが谷口だということは、サイバッチの取材で明らかになっている。肝心のところを断定せず、他者からの伝聞としたのは、いざ突っ込まれたときのアリバイとしてしてか、それとも単なる取材不足か。もっと本腰をいれてほしいものだ。

ただ、記事では、キャスターを目指している彼女が出たいと考えた番組を事務所(つまりは谷口)が出させなかったことに言及してはいる。こういったやり方こそが、谷口が自分の意に沿わない女優を性奴隷として屈服させるためにとってきたものなのだ。


テーマ:女子アナウンサー - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:2 | トラックバック:0 |

[東スポ]TBS内は、今、谷口許すまじの大合唱

5月30日の東スポは、TBS関係者の話として局内の様子を伝えている。アナウンス関係の人々は谷口と川田さんの関係を以前から認識していたので、「谷口許すまじ!」の大合唱状態だという。(ただし記事では谷口はX氏とされている)これは当然のことだろう。しかし、ならばTBSはこの事件に関してもっと踏み込んだ報道をすべきではないか。対内的にはともかく、対外的には完全に腰が引けた状態であることには違いない。実質的にキャスティング権を握り、専横を振るってきたケイダッシュやバーニングがまだ怖いのか?功利的に考えても、ここは、ケイダッシュにクギを指すチャンスではないか。最低でも谷口の首を差し出させるぐらいのことは出来るはずだ。将来を嘱望されていた局アナに独立をたきつけておいて、最後は命まで奪った連中に対して口をつぐみつづけるなら、TBSよ、お前たちも同罪だ。!

また、東スポによれば、谷口への怒りは、川田さんと面識のない芸能人にまでも広がっているという。これも人として当然の反応だろう。私は、普段はTVをほとんど見ないので、事件が起こるまで、川田さんの顔も名前もおぼろげに知っている程度だった。そんな私でさえ、川田さんが不憫でならず、はじめてブログなるものを開設し、この問題を多くの人に知ってもらおうと考えるにいたった。ましてや、日頃谷口のやりたい放題に忍従を強いられていた芸能関係者に義憤の声があがるのは当然だ。川田さんへのお悔やみの言葉一つなく、「今回の件につながる理由が皆皆目見当もつきません」などとイケシャーシャーとHPに書いてのける神経。こんな鬼畜の行状がそのまままかりとおる芸能界とはいったいなんなのだ。

そして、ケイダッシュの関係者や所属芸能人達。彼ら彼女らの中にも普通の良心を持っている人はたくさんいるだろう。この人たちにこそ声をあげてほしい。ケイダッシュ関係者は、谷口の毒牙にかかって人生を狂わせてしまった女優をまじかで見てきているはずだ。そしてついに死人まで出た。これ以上谷口をかばうことは、今後のビジネスを考えても得策ではないはずだ。ケイダッシュ内から自浄作用が生じることを期待したい。

テーマ:女子アナ - ジャンル:アイドル・芸能

谷口元一 | コメント:2 | トラックバック:1 |
BACK | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。